2022年10月1日土曜日

ガーデンシンクを改良してみた その21

型枠を外すと、けっこうジャンガが入っていました・・・。



大きな隙間があるわけではないのですが、細かくても隙間はきになりますね・・・。


側面はもう少し大きなジャンガになっています。

まあ、台の上のシンクなので、ここに殴りかかったりもたれかかったりされることもないと思うので、このまま(多少修正するくらい)で先に進めます。


とりあえず蛇口の向きを修正しました。

これも書くと1行ですが、1度家中を止水して、蛇口を外し、シールテープを巻きなおして、蛇口をはめていい位置で止まるように調整しながらねじ込んでいきます。

うまくいかない場合は、シールテープを巻くところからやり直しになります。

続いて、以前から貼ってあったタイルを剥がします。


白が良い、という妻の意見で選んだタイルですが、よく調べずに買ったら、多分内装用だったのでしょう。日が当たる所からだんだんひびが入ってきて使い物にならなくなってしまいました。

少しの間、気にせずに使っていたのですが、危険だしアンティーク感のない劣化なので、これを機に貼りなおすことにしました。

幸い、スクレーパーですぐに剝がれたので、作業はそれほど大変ではありませんでした。





目地の所とタイルの所で色は違いますが、きれいに剥がれて段差もありません。